地雷を使ったネックレスで地雷除去と被害者支援

P-MACがピースボート「地球一周の船旅」の船上や日本各地のイベントで販売して、毎回大好評のアクセサリーがあります。

カンボジアになじみの深い動物を模ったネックレスとピアスです。P-MACはカンボジアの地雷被害者支援NGO「アンコール障がい者協会(AAD)」が行う障がい者への木工彫刻トレーニングプロジェクトを支援しています。P-MACとAADが協力して完成したのがこのアクセサリーです。制作しているのは彫刻トレーニングを受けている障がい者の方々です。全てに小さな丸いものがありますが、これは爆破処理された地雷の破片を埋め込んでいるのです。

地雷被害者やポリオ患者で足に障がいを持つ方々が彫刻技術のトレーニングを受け、今は大地から取り除かれた地雷を使って商品を制作、生活の糧としています。

これらのアクセサリーは全て手作り。制作過程をご紹介します。

ヤモリがモチーフのネックレスを担当しているのは22才のリム・リェン。下書きが描かれた紙を木に張り付けてのこぎりでカットしていきます。

小さなヤモリの足などは慎重に少しずつカットして土台となる木枠を作ります。そして別の種類の木にも同じ下書きを張り付けて同じようにカット。こちらはイモリの中身です。

土台とヤモリの木がぴったりはまるように微調整を繰り返します。少し削ってははめてみて、削りすぎたところには木の粉を詰めて完璧にはめ込みます。

そして、表面が滑らかになるようにやすり掛け。次はいよいよ地雷を付けます。

使うのは、爆破処理した後の地雷のプラスチック部分。小さな破片をさらに小さく土台の木枠にあうよう削ります。

何度かの微調整を繰り返した後、こんな感じできれいにはまりました。

最後にまた、削ってやすりをかけて、ワックスでつやを出して、ネックレスのひもを付ける金具を取り付けたら完成!

1つ1つ丁寧に作られたアクセサリー、P-MACでは1つ売れるごとに購入金額の中から200円を地雷除去に使わせていただいています。このアクセサリーを購入することで地雷除去と被害者を支援することができます。

数が限られていますので、残念ながらネット販売は行っていませんが、ご購入希望の方はP-MAC(pmac@peaceboat.gr.jp)までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA