地雷を見つけ出すヒーローラッツ(英雄ネズミ)

カンボジアの地雷除去に使われているネズミについての記事がありました

並外れた嗅覚(きゅうかく)を生かしてカンボジアで地雷撤去に貢献しているアフリカオニネズミの「マガワ」に、英国の動物保護団体から金メダルが授与された。

人間であれば最長4日かかるテニスコートほどの範囲の地雷捜索を、約30分で終えられる能力の持ち主。1970年代の内戦期以降に最大600万個の地雷が仕掛けられたとされるカンボジアで、多くの人命を救ったと評価された。

人なら4日、僕なら30分…地雷かぎ分けるネズミの英雄 2020年10月4日 朝日新聞

このアフリカオニネズミによる地雷除去は、ピースボート地雷廃絶キャンペーンのパートナー団体である「カンボジア地雷対策センター(CMAC)」で実施されています。第95回ピースボート(2017年)内でおこなったカンボジアへのスタディツアーでは、このネズミによる地雷探知の訓練を見学しました。

タンザニアの社会的企業である「APOPO」が、アフリカオニネズミという大型のネズミに火薬のにおいをかぎ分けるように訓練をして、今ではタンザニア以外の国でも地雷除去に使われています。 カンボジアではAPOPOとCMACが協力して、このネズミを使った地雷除去をおこなっています。私たちが見学したのは、地雷を探すための訓練の様子です。近くでみると猫と変わらないぐらいの大きさがあります。

地雷原に見立てた場所を行ったり来たりしながら火薬のにおいを探します。地面に埋めた火薬を感じるとその場所を引っかくことで人間に知らせます。このネズミは地雷を探すことで人の命を救うため「ヒーローラッツ」と呼ばれています。 アフリカオニネズミはアフリカの涼しい地域に生息しているため、高温多湿のカンボジアでは活動時間が限られるなどのデメリットもありますが、優れた嗅覚を持ち人間の指示を理解する賢さも持ち合わせています。

現在カンボジアでおこなわれている地雷除去方法は、主に3つ。

1.金属探知機

2.地雷探知犬

3.大型機械

どの地雷除去方法にもメリットとデメリットがあります。また、地雷原は場所によって土地の状況も様々です。除去方法のそれぞれの特徴と、地雷原の状況を考慮して最適な除去方法がとられます。今後、アフリカオニネズミを使った地雷除去も広まっていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA