地雷被害者によるトークイベント「両脚をなくしたソワンタさんの挑戦」

P-MACが支援を続けるNGOアンコール障がい者協会の代表であるセム・ソワンタさんを日本にお呼びして、全国5か所でトークイベントを開催します。

日本で地雷被害者の生の声を聴く機会はほとんどありませんが、その中でも地雷被害者であり、そして他の地雷被害者への支援を続けるソワンタさんのお話は地雷の問題、地雷被害者の現状を知る貴重な機会となります。

イベントは予約制となっていますので、下の各会場予約ページからご予約ください。多くの皆様のお越しをお待ちしています!

両脚をなくしたソワンタさんの挑戦~カンボジア・地雷被害者支援の現場より~

カンボジアの地雷除去や被害者の社会復帰を支援する地雷廃絶キャンペーンP-MACは、自らが地雷被害者であり、他の被害者の自立を支援するために活動を続けるセム・ソワンタさんをカンボジアからお招きして、全国5カ所でトークイベントを開催します。

地雷問題が最も深刻な国の1つ・カンボジアでは、1979年以降、6万人以上が地雷や不発弾の被害に遭いました。手足を失うなどして、仕事ができなくなり差別されるなど、社会復帰ができずに貧困の問題を抱えている被害者が今も多くいます。

ソワンタさんは兵士として戦闘中に地雷を踏み、両脚を失いました。物乞いやホームレスを経験し、他の地雷被害者が病気や飢えで亡くなるのを目の当たりにし、地雷被害者が社会復帰できるように力を尽くそうと決意します。現在、ソワンタさんはNGO「アンコール障がい者協会」を立ち上げ、被害者への職業訓練、障がい者スポーツの普及、障がい者の人権問題などに取り組んでいます。

今回のイベントではソワンタさんの半生や、被害者が抱える問題、今被害者が必要としている支援について話していただきます。そして、ソワンタさんとの対話を通して、私たちができる被害者への支援を考えます。

【日程】
■東京
日時:10月24日(金)19:30-21:00(19:00開場)
場所:ピースボートセンターとうきょう
参加費:500円 ※要予約。ご予約はこちらから

■京都
日時:10月25日(土)19:00-20:30(18:30開場)
場所:京都テルサ2階 視聴覚研修室 
参加費:500円 ※要予約。ご予約はこちらから

■大阪
日時:10月26日(日)19:00-20:30(18:30開場)
場所:大阪市立男女共同参画センター西部館(クレオ大阪西)2階 研修室
参加費:500円 ※要予約。ご予約はこちらから

■名古屋
日時:10月27日(月)19:00-20:30(18:30開場)
場所:名古屋国際センター3階 第二研修室
参加費:500円 ※要予約。ご予約はこちらから

■福岡
日時:10月28日(火)19:00-20:30(18:30開場)
場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)2階 201会議室
参加費:500円 ※要予約。ご予約はこちらから

【講演者】

セム・ソワンタ(Sem Sovantha)
カンボジアが内戦下にあった1990年、兵士として戦闘中に地雷被害に遭い両脚を失う。プノンペンの病院で1年間の治療を経て退院するも、以降苦しい生活を強いられ、一時は物乞いをせざるを得ない状況にまで追い込まれる。その後、本を販売する仕事で生計を立て直し、自身と同じような苦境にある障がい者への支援活動を始める。2003年、NGOアンコール障がい者協会(AAD)を設立。障がい者のみならず、その家族にも支援の手を伸ばす。

【協力団体】
地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)
アンコール障がい者協会(AAD)

※このトークイベントにあわせて東京、横浜、京都、大阪、福岡の各地で、ソワンタさんの講演会を開催する学校を募集しています。特に多くの若者に聞いてもらい、戦争の問題、地雷問題、国際協力を考えるきっかけにしていただきたいと思っています。小中高、大学、学童、専門学校、サークル、フリースクールや英語学校(ソワンタさんは英語で話されます>などからのご依頼をお待ちしています。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA