100円で地雷をなくすことができます!

みなさん、こんにちは。すっかり春ですね!暖かな日が続いています。
今日はP-MACがおこなっている「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」をご紹介します。

100円で缶ジュースは買えないけれど地雷をなくすことができます

P-MACが1998年に発足してから20年間、ずっと続けているのがカンボジアの地雷を除去するための募金活動「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」です。このキャンペーンはピースボートセンター(東京、横浜、名古屋、大阪、福岡)を拠点にボランティアスタッフがおこなっている街頭募金活動と、全国のみなさまからのご寄付でなりたっています。

地雷を除去するには膨大な時間と労力が必要です。地中に埋まった地雷を探すために金属探知機などを使い一つ一つ手作業で除去します。一歩間違えば地雷を爆発させてしまう可能性があるとても危険な作業でもあります。

それでも、1㎡あたりの土地を地雷除去するのに必要なコストは約100円です。この100円で地雷除去員の人件費や必要な機材のメンテナンス費用、地雷原までの移動費など、その場所の地雷除去に必要なほぼすべてのコストをまかなうことができます。もちろん、実際には一度に数万㎡の土地を地雷除去するので、全体に必要な金額を1㎡あたりに換算すると100円くらいになります。

人々が安全に暮らせるように

内戦中に多くの地雷が埋められたカンボジアでは、1993年ころから地雷除去活動が始まりました。その頃から活動を おこなっているのがカンボジア政府の地雷除去機関である「カンボジア地雷対策センター(CMAC)」です。長年にわたり多くの地雷を除去した経験から、今では世界でも最高レベルの地雷除去技術を持つ団体となりました。

100円キャンペーンで集まった募金はこのCMACに送り、除去活動がおこなわれています。2017年末までに100円キャンペーンの募金で、カンボジアの4つの州で154万㎡以上の土地(東京ドーム33個分)の地雷除去が終了し、355個の地雷と542個の不発弾が処理されました。また、除去した土地に小学校4校と保健所1棟も建設しています。除去後の土地はそれ以外にも土地を持たずに貧しい生活をしていた人々の移住地や農地などとして使われています。

今もカンボジアでは、何十年も前の内戦中に埋められた地雷によって命や体の一部を失う人々がいます。安全な土地がないために地雷原で暮らす人々もいます。人々が地雷の脅威を感じることなく生活できるように、あなたも「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」にご協力ください!


P-MACは募金を受け付けています。カンボジアの地雷除去をはじめとした地雷廃絶活動に使わせていただきます。

******************************

郵便振替口座 00130-3-557600
ゆうちょ銀行 ゼロイチキユウ店(〇一九店) 当座0557600
加入者名   ピースボート地雷廃絶キャンペーン P-MAC

******************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA