韓国にも地雷が多く埋まっています

日本から気軽に遊びに行けるお隣の国。
韓国に旅行に行かれた方も多いんじゃないでしょうか。

その韓国には多くの地雷が埋まったまま残されています。
8月4日には2人の兵士が地雷被害に遭い、脚を失いました。

ワウコリア
非武装地帯(DMZ)で地雷爆発…軍曹2人が足切断=韓国

朝鮮戦争は今も休戦状態が続いています。そのため、北朝鮮との境界線付近の非武装地帯には100万個の地雷、その他の地域でも軍施設の周辺に地雷が埋められたままです。非武装地帯は世界で最も地雷が多く埋められている地域です。

韓国で地雷が埋められたのは朝鮮戦争の時で、2013年までの地雷被害者は500人~3,000人と推測されています。韓国政府は長年、地雷被害者の存在を認めず、調査も十分に行われなかったため、詳細な被害者数はわかりません。

ピースボートのクルーズで韓国に寄港した際に出会った地雷被害者の方が話してくれました。

「朝鮮戦争の休戦後、政府は家を失った人々に土地を与えると発表し、その言葉に従い多くの人が非武装地帯の南の地域に移住しました。でも、その土地へ行ってみるとそこは地雷原でした。それでも私たちは、『足を失うか飢えて死ぬか、やってみないとわからない』を合言葉に田畑を耕しました。」

韓国は対人地雷全面禁止条約(オタワ条約)に加盟していません。そして、同じく非加盟国で韓国の同盟国であるアメリカは朝鮮半島での地雷使用のためにオタワ条約へは加盟できないと言い続けています。

韓国がオタワ条約に加盟し、埋設された地雷を除去するには、北朝鮮との戦争を終わらせなければなりません。一刻も早く、朝鮮半島に武力によらずに平和が訪れ、非武装地帯を人々が安全に自由に行き来ができるようになることを願ってやみません。

2015/08/14追記———————————
8月10日、韓国政府は爆発した地雷は北朝鮮軍の兵士が韓国側に侵入して、埋めたものだと発表しました。

NHK 韓国「北朝鮮の地雷で兵士2人けが」と非難放送

北朝鮮による新たな地雷埋設となると休戦協定違反です。今回の事故をきっかけに朝鮮半島の緊張が高まる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA